個人ではできない理由|生態を理解することでハチ駆除に役立つ:業者と相談しよう

生態を理解することでハチ駆除に役立つ:業者と相談しよう

ガッツポーズ

個人ではできない理由

女性

外来種も増えた

野生の動物とはできるだけ共存したいものですが、農作物を荒らしたり、家屋に侵入してくるものにはそれなりの対応をしなくてはなりません。人の生活に害を与える動物を害獣と呼びますが、日本では古くからタヌキやイタチなどがいます。ところが最近はアライグマやハクビシンといった外来種も増え、ますます被害が広がっています。自分で退治したいものですが、残念ながら害獣の多くは鳥獣保護法で守られており、勝手に駆除してはいけないことになっています。捕獲するにしても自治体の許可が必要になるなど、対応がどうしても後手になってしまうのが現状です。そんな害獣に対しては、害獣駆除のプロに依頼するのが良いでしょう。害獣駆除の業者ならどんな相手でも万事解決してくれます。

要望にできるかぎり

農作物などを荒らすのも迷惑ですが、それ以上に病気の危険性が高まるのが害獣の恐ろしいところです。小さく目立たない場所を好んで巣を作りますので、たとえば屋根裏や物置など、いつの間にかたくさんの害獣であふれていることもあります。感染病の媒体者になることもあり、小さなお子さんがいる家庭では素早い対応が求められます。害獣駆除の業者は調査・発見から追い払いまですべて行なってくれる上、保証期間もあるため、もし再びやって来ても無料で対応してくれます。家屋に薬剤を使用したくない人は、薬剤以外の害獣駆除方法を取ってくれますので問題ありません。また、女性スタッフもいるので、家に男性を入れたくない女性でも安心です。